知られざるアニメーション 制作日記

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

01月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728 » 03月の記事を見る

モントリオール滞在記

文化庁の文化交流使としてカナダへ5週間滞在し、帰国していつの間にか4ヶ月経ってしまいました。
更新のタイミングを逸していましたが、今頃ですがモントリオールでの写真をまとめてあったものをアップします。


back01.jpg

フレデリック・バックさんのスタジオへ訪問しました。2年ぶりの再会でしたが、まだまだお元気でよかったです。『くだもの だもの』をプレゼントしました。お返しにバックさんがイヌイットのイラストを書き下ろしたビジュアル図鑑をいただきました。
7/2から「フレデリック・バック展」が東京都現代美術館で開催されますが、この時はすでに主要な絵が日本に送られていたのですが、それでも多くの絵やアニメーションの素材を見せていただきました。

 montreal05.jpg
montreal04.jpg montreal08.jpg

モントリオールはマイナス10度以下の世界、雪も沢山降ってなかなか厳しい生活環境でした。
アパートの窓も凍っています。
クリスマス前、教会の前にサンタクロースがいました。

montreal02.jpg montreal14.jpg
montreal12.jpg montreal13.jpg

アパートの近くの美味しいお店いろいろ。
モントリオール一番と評判のベーグル屋「St-Viateur Bagel」の焼きたてベーグルは、評判通り凄く美味しい。
小麦粉の香りが味わえる素朴な味です。
その名もOISHI SUSHIは、アパートから一番近かったし、本当に美味しくて何度も通いました。


montreal06.jpg nfb12.jpg
montreal10.jpg montreal09.jpg

そんな中、NFBに毎日最新作『マイブリッジの糸』の仕上げのために通っていました。
1日だけクリスマスの街頭募金の日があって、NFBの前もクリスマスデコレーションと、NFB職員のサンタが高速の前で募金活動をしていました。
サウンドデザインのノルマン・ロジェさんと一緒に仕事をするのが長年の夢だったのですが、今回本当に素晴らしい音楽と音になって幸せです。
楽器はピアノと古楽器のビオラ・ダ・ガンバとリコーダー。電子的な音源は使っていません。
NFBのミキシングのスタジオは200名ほどのシアターの真ん中にミキサーの卓があって、実際の劇場での音の響きを確認しながら仕上げていきます。音は部屋の環境次第で随分響き方が変わってくるので、この劇場の環境でも観客が一杯になった場合と、数名で作業している時とでは音が違ってきます。最後のミックスダウンの前にNFBの関係者を集めて試写をしました。その時が実際の劇場の音の環境で確認ができるので、そのあと調整することもできます。
試写の時、初めてスタッフ以外の観客を迎えるので、僕もナーバスになっていましたが、プロデューサーのマイケル・フクシマさんが、はじめの挨拶で感極まっていました。僕も込み上げてくるのを堪えていました。マイケルさんと仕事ができて本当によかった。出来上がったフィルムはたった13分だけど、ここまで来るのに何年もかかり、多くの人のサポートで完成できました。皆さんありがとうございます。
はやく日本で公開したいです。

nfb06.jpg nfb05.jpg
ノルマン・ロジェさんの奥さんで、プロデューサーのマーシー・ページさん、作家のシーラ・アビニさん

nfb01.jpg nfb09.jpg
『マイブリッジの糸』のスタッフ、管理のロザリオさん、エクゼクティブ プロデューサーのデヴィッド・ヴェロールさん

nfb11.jpg nfb13.jpg
作家のポール・ドリエセンさん、テオドール・ウシェフさん

nfb02.jpg nfb04.jpg
作家のミシェル・レミューさん、リーン・スミスさん

モトオリオール最後の日、ランチにインド料理をデリバリーして、みんながパーティーをしてくれました。ヘレン・タンゲさんが音頭をとって、参加者全員とツーショット撮影大会に。(だからヘレンさんとの写真だけなかった!)皆さん親切にしてくれて、とてもありがたかったです。

  1. 2011/05/01(日) 20:48:56|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノルシュテン&ヤールブソワ展  足利市立美術館

話の話 ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテン&ヤールブソワ展
2010年12月11日(土)~2011年1月23日(日)
足利市立美術館

関連プログラム講演会「ノルシュテイン─モノとコトの間で」
講師:山村浩二氏(アニメーション作家、東京藝術大学大学院教授)
日時:2011年1月15日(土)午後2時より
会場:足利市立美術館多目的ホール
定員:80名
※参加ご希望の方は電話(0284-43-3131)でお申込みください。参加
無料ですが、展覧会ご観覧の場合は観覧料(高校生以上)が必要です。

http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/norshten/norshtein-jikai.htm
  1. 2010/12/23(木) 09:53:10|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NFB

NFBとの共同制作がようやく動き始めた。
2010年には完成しなければいけない。10分少々の短編アニメーション映画。
企画が2003年ごろから始まったので、6年経ってしまった。

この所、ずっと構想を練ってる。自分の中でまだ作品の「確信」をつかんでいない。
いくつか浮かんでいるアイデアを貫く1本の「背骨」が見つからないのだ。
しかし昨日その背骨の形が見えた。と思った。

これまでも何度もの何度も構成を変えているので、まだまだ変わっていく可能性はあるが。
時間をおいても確実だと思える所まで考え抜かなければいけない....
  1. 2009/02/20(金) 09:01:55|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大同生命

 

2005年に制作した大同生命のTVCM「Dear Presidents」篇と昨年2006年に制作した「風と雨と光と」篇の2本の改訂版のMAを先々週末に終え、いまオンエアが始まっています。
「Dear Presidents」篇は、音楽と、ナレーション、テロップを変えました。
「風と雨と光と」篇は、音楽のみの変更です。

そして第3弾「Dear Presidents2」篇を今制作中です。
最近映画の宣伝やら、他にもいろいろあって、実制作からすこし離れていましたが、やはり絵を描いてる時が一番楽しい。
年末には放送予定です。

今日発売の「婦人公論」に金原ひとみさんと僕の対談がのっています。結構面白い話になってると思うので、ご一読ください。
  1. 2007/11/22(木) 09:39:06|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こどもの形而上学の音楽



最新作『こどもの形而上学』の音楽録音が昨日無事終わった。
今回は僕がイメージしたプロコフィエフのピアノ曲「Ten pieces, Op.12」から4曲選曲し、Syzygys冷水ひとみさんにアレンジしていただいた。
たまたまもっていたCDのプロコフィエフのピアノ曲を、後で適当に絵に入れたみたのが、意図せずに長さがピッタリだったので、その演奏のテンポにあわせて編曲してもらいました。今回は作為的な構成よりは、緩やかな音楽と映像の乖離と融合ができ、楽に見れる感じに出来たのではと思っています。
Syzygys西田ひろみさんのヴァイオリンとビオラの生演奏と冷水さんの打ち込みのピアノと打楽器、ホーンによって、とてもいい感じに仕上がりました。

公開は、『カフカ 田舎医者』と併映で、第20回東京国際映画祭のanimecs TIFF2007オープニングが日本での初公開上映となります。

10月20日 12:00 - 13:52(開場11:40)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

また、『カフカ 田舎医者』と共に、11月17日(土)シネカノン有楽町2丁目(新館)にてモーニング・レイトショー 以降、全国順次公開 予定しています。
http://www.shochiku.co.jp/inakaisha/
  1. 2007/10/01(月) 16:37:16|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こどもの形而上学



新作短編アニメーションを制作しています。タイトルは『こどもの形而上学』。
5分ぐらいになる予定。今年の秋には完成します。
ある意味気分転換、ストレスを感じない程度に楽に作っています。
  1. 2007/07/31(火) 14:34:53|
  2. 制作日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ