知られざるアニメーション 2017年09月11日

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

08月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 10月の記事を見る

09/10のツイートまとめ

Koji_Yamamura

RT @juso_theater7: 【映画】9/30(土)~「山村浩二 右目と左目でみる夢」大阪公開!世界的アニメーション作家山村浩二の短編作品全9本の饗宴!ヘンデルからエリック・サティ、古事記、俵屋宗達、ノーマン・マクラレンまで時空とジャンルを横断する凝縮の映像体験。htt…
09-10 22:16

RT @tsubamesachi: 珍しく関内方面におでかけ!「右目と左目で見る夢」観劇。心にぱっと浮かんだものを、自分で理解する前に新しいものか浮かんで…という、山村浩二独特の世界を久しぶりに堪能。夢見心地である。
09-10 21:04

RT @miesilentpiano: (承前) 山村浩二監督の新作は横浜シネマリンで絶賛上映中です!コミシネ会議の関係者、特に横浜の映画館、ジャック&ベティ、シネマリンのスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。 #ミニシアター #アーカイブ #映画 #横浜
09-10 12:46

RT @miesilentpiano: (承前)会議終了後は横浜シネマリンで山村浩二監督の解説付きでアニメーションの上映会。奇しくも1917年に作られた『なまくら刀』の上映も!ちょっとだけでしたが鍵盤ハーモニカで伴奏しました。今年中に同級生の横浜開港記念会館でも弾けたら…とw…
09-10 12:46

RT @editdisco: だからまあ二時間前に言うなっていう話なんですが、もしこれから横浜に行く余裕がある人は、14時から島地保武×環ROY『ありか』を見て、BankARTで夕方に「観光」展見て、関内辺りをぶらついてディナーして、夜に横浜シネマリンで『山村浩二 右目と左目で…
09-10 12:23

RT @editdisco: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』感想⑤。そしてここまで書いていて、山村さんの『マイブリッジの糸』のプロデューサーが、塩田周三さんでいらしたことに気づき驚愕している。時代の最先端をいく3DCGのポリゴン・ピクチュアズさんと、手書きアニメの深奥を目指す…
09-10 12:23

RT @editdisco: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』感想④。そして「バックで流れる音楽にシンクロするか/ズラせるか」という欲望は、それこそ菊池成孔×大谷能生さんが『アフロ・ディズニー』で論じていた、ディズニーの映像からヒップホップまで貫くもの。だから山村さんの近作は、…
09-10 12:22

RT @editdisco: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』感想③。そして『サティの「パラード」』は、『マイブリッジの糸』の延長線上の作品で、それを観る感覚はもはや「ダンス」。前回はバッハ「蟹のカノン」でしたが、音楽にアニメーションをシンクロさせるか/ズラせるか、という、非常…
09-10 12:22

RT @editdisco: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』感想②。俵屋宗達を下敷きにした『鶴下絵和歌巻』と『古事記 日向篇』は、これからアニメーションを志す若い方にはぜひ見て欲しい。画面を動かす/その中で物を動かすとは何か、概念や思考をビジュアライズするとはどういうことか、…
09-10 12:22

RT @editdisco: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』感想①。もう、ずっと、ずっと震えていた。「怪物学抄」では手書きアニメのエネルギーに翻弄され(筋肉ムキムキの怪物のあのムキムキ感は、輪郭の内部で蠢かせている色彩とその着色のタッチに依る!)。3DCGの世界も発展してきた…
09-10 12:22

[09/10のツイートまとめ]の続きを読む→
  1. 2017/09/11(月) 04:07:25|
  2. etc.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ