知られざるアニメーション コピー・ショップ

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

07月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09月の記事を見る

コピー・ショップ



Copy Shop 2001
コピー・ショップの店員が自分をコピーしてしまい、自分自身がどんどん増殖していく。画面自体がコピーされたざらついた白黒で、主観ショットをうまく使かった演出、セットも部分的に合成して、きちんと世界を作り上げていて、気持ちがいい。食卓のシーンではモーション・コントロール・カメラを使い、複雑な合成をしている。監督はこれの次の作品「Fast Film」(DVD 広島傑作選 Vol.1にメーキングと共に収録されている)も好調な、オーストリアの新鋭、ヴァージル・ヴィドリッチ(Virgil Widrich)。「Fast Film」もてっきりCGかと思っていたが、映画のフレームを一齣ずつプリントアウトしたもので折り紙を創り、それを一齣ずつ置き換えて撮影するというアニメーション技法で制作されていた。「コピー・ショップ」は、アカデミー賞では実写の短編部門にノミネートされたが、実写作品とするか、アニメーション作品とするかカテゴライズが難しい。その理由は、はじめに実写で撮影した素材を、デジタル合成してから全てのフレームをプリントアウトして、コピーをとった後、一枚一枚破いたり、皺を寄らせたりしてから、コマ撮りしているので、被写体の動きは実写、画面の質はアニメーションで出来ているからだ。
■公式ホームページ
■DVD The BEST of RESFEST RESFEST Shorts Vol.2[Amazon]
■DVD 国際アートアニメーションインデックス~広島国際アニメーションフェスティバル傑作選 Vol.3[Amazon]
関連記事
  1. 2005/09/07(水) 08:41:03|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/102-90ba7dcb
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ