知られざるアニメーション インスティンクト(本能)

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

09月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11月の記事を見る

インスティンクト(本能)



Instinct 2003
エストニアにはプリート・パルンヤンノ・ポルドマが所属する平面アニメーションのスタジオEesti Joonisfilmと立体アニメーション専門のNuku Filmの2つの大きなスタジオがある。旧ソ連時代、レイン・ラーマット(Rein Raamat)によって1971年にアニメーション映画部が創設されたTallinnfilm Studioが、エストニア独立後二つに分かれたのだ。(ただ現在もTallinnfilmは存在する)プリート・テンダーのようにEesti JoonisfilmとNuku Film両方のスタジオで制作している作家もいる。そのヤング・プリートと米正さんに案内されてNuku Filmを訪ねた時、制作中だったのが、ラオ・ハイドメッツ(Rao Heidmets)の「インスティンクト」だ。錘で引張られてカタカタ歩くおもちゃに見立てた動物を創造主が忙しく動かすという発想が面白い、クレイ・アニメーション。ちょっと男尊女卑的な描き方が気にならなくもないが、悪魔の創造物が全て人工物というシーンが可笑しい。
■DVD 国際アートアニメーションインデックス~広島国際アニメーションフェスティバル傑作選 Vol.4[Amazon]
関連記事
  1. 2005/09/10(土) 10:23:00|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/105-8dc59d98
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ