知られざるアニメーション 椅子の性生活

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

02月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 03月の記事を見る

椅子の性生活



The Sexlife of a Chair 1998
医学的研究の発表という設定で、字幕は英語だがナレーションはドイツ語。性的用語が黒地に白文字で表示された後、椅子のイラストのシンプルな動きが続く。例えば「VOYEURISM」(覗き趣味)では、鍵穴越しに椅子の前方が伸びたり縮んだりしてる。「PROSTITUTIONS」(売春)では、椅子に"SALE"の札が貼られている。他にも「SADISM」「 PAEDOPHILIA」「COPROPHILIA」「NECROPHILIA」(分からない人は自分で訳して下さい。)などなど、様々な「椅子」の性生活が淡々と綴られていく。写真は「SEXUAL FANTASY」(性的幻想)のシーン。
フィル・ムロイの作品はいつも音楽が良いのだが、後半に流れる内容とギャップがある美しい現代音楽風のピアノ曲が上品で知的な印象を与えている。
関連記事
  1. 2005/11/02(水) 09:38:43|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/147-835c1cf4
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ