知られざるアニメーション アニメーション100年

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

02月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 03月の記事を見る

アニメーション100年

今年2006年は、「アニメーション誕生100年」記念の年だそうだ。
1906年制作、アメリカのJ・スチュアート・ブラックトン「愉快な百面相」(Humours Phases on Funny Faces)から数えてだが、それより以前、1899年には、イギリスでアーサー・メルボルン=クーパーが「マッチ・アピール」(Matches: An Appeal)というコマーシャル・フィルムを駒撮りで撮影したという記録があるし、映画フィルムにこだわらなければ、映画発明以前エミール・レイノーが、1892年から1900年にかけて、パリのグレヴァン博物館にて、自ら発明したテアトル・オプティークを用いていくつかの作品を上映したのが、世界で初めてアニメーションだとも言われている。またそれより昔1825年のソーマトロープ、1833年のフェナキスティスコープなど映画史以前の「絵を動かす」装置の歴史も考えると、その誕生の年を特定するのは、渾沌としてくる。蛇足ながら、そのあたりの「アニメーションの歴史」をムービング・イメージの歴史ととらえ、視覚玩具以前の絵画史の中にアニメーション的な人のイメージを見い出す展示が、昨年私が愛・地球博で示した「ヤマムラアニメーション博物館」だ。
J・スチュアート・ブラックトンの「愉快な百面相」は、チョークで一部を書き直しては撮影する技法と合わせて、切り紙アニメーションなどの技法も組み合わされ、キャラクター性もあり、これを最初のアニメーションと呼ぶのもうなずける。
■「愉快な百面相」QuickTime movie
関連記事
  1. 2006/01/10(火) 17:28:19|
  2. アニメーションについて
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/169-2b39e59f

誕生100年

 全然知りませんでした。アニメーションって、100年も歴史があるの?「知られざるアニメーション」さんの記事からトラックバックです。「アニメーション100年」今年2
  1. 2006/01/17(火) 16:04:45 |
  2. † 書かずに死ねるか!?
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ