知られざるアニメーション 01/07のツイートまとめ

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

02月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 03月の記事を見る

01/07のツイートまとめ

Koji_Yamamura

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>山村浩二が2015年に出会ったベスト短編アニメーション上映 日本初公開の4作品「会話」「魔王」「ベンチ No.0458」「のこり-もの」+「アザラシの島」。小さなスペースでの小さな上映会です。 h…
01-07 09:11

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>男女2人組のティボール・バノチュキ、サロルタ・スザボ『のこり-もの』は、食事における社会的意味をマジックリアリズム的な表現で色彩豊かに描き出している。(山村浩二) https://t.co/vlp
01-07 09:11

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>イワン・マクシーモフ『ベンチ No.0458』は、これまでの彼の作品の良質な変奏曲で、小さき生き物への愛のある眼差しが暖かく伝わってくる。 (山村浩二) https://t.co/2L0kSVbi
01-07 09:11

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>エドモンド・ヤンソン『アザラシの島』は、いつまでも目的を達し得ない空虚さが印象的。抽象的なフォルムの動きのオリジナリティが光っている。 (山村浩二) https://t.co/FBs93who0x
01-07 09:11

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>ジョルジュ・シュヴィツゲベル『魔王』は、確かな力でアニメーションの根源的な魅力をたたえている。 (山村浩二) https://t.co/o3Sr2HIhLD
01-07 09:11

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>アナ・ホルバット『会話』は、一人の女性の帰宅後の日常的な所作を、シンプルな絵で現実味を持って描き、そこに挿入されるTV内の物語が全てを寓話化する。初見では気付かない仕掛けがある。 (山村浩二) h…
01-07 09:10

RT @Au_Praxinoscope: <アニメーション・キャビン vol.1>2015年に出会って印象に残った作品群は、ユーモアと軽妙さの中に独特の余韻を残す作品が多かった。(山村浩二) https://t.co/7Sy7b5B2vU
01-07 09:10

関連記事
  1. 2016/01/08(金) 03:11:28|
  2. etc.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/1719-fa295bcb
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ