知られざるアニメーション ミルク

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

05月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07月の記事を見る

ミルク



Milch 2005
やっとイーゴリ・コヴァリョフの最新作「Milch」のDVDを入手、見る事ができた。「Milch」はドイツ語で「牛乳(ミルク)」。幼年期から思春期へ映り変わる少年の重い感情と記憶の断片を牛乳配達をしてる娘(イゴールの描く女性はいつもけっして美人ではない。男も然り)や彼の家族との出来事を暗示に満ちた描写によって浮彫りにしていく。昨年一番見たかったアニメーションだったが、期待通り素晴らしい出来だった。絵も音も、15分間、映画的緊張感に満たされ、グラフィックとタイミングでアニメーションは成立するのだという、自分の価値観をあらためて深めさせてくれた。世に横行する表面的なわかりやすさや楽しさなど、なんて薄っぺらで、価値がない事か。この映画は決して「難解」で、「理解」しづらい作品ではない。一瞬一瞬の感情、予感を感じ取り、そこに深い共振もしくは背反が生じる事が真の「理解」なのだ。まぎれもない現代の傑作。同時代、同世代にこういった方向性で仕事を続け、自分の作品世界をきちんと形にしてる作家がいる事がとても嬉しい。
■DVD Milch[AWN Store]
関連記事
  1. 2006/01/18(水) 08:54:36|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/172-0418ee7a
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ