知られざるアニメーション ビーズ・ゲーム

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

07月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09月の記事を見る

ビーズ・ゲーム

BeadGame.gif

The Bead Game 1977
私がはじめてイシュ・パテルの作品に出会ったのは、東京造形大学在学中。アニメーション の勉強のために有志で借りた16ミリフィルムの1本に「ビーズ・ゲーム」があった。黒地にカラフルなビーズを並べることで、点が線になり、面になり絵ができていく。ビーズが細胞の様に増殖しては、いろいろな生き物に進化をくり返す。インドの打楽器と細胞のビートがシンクロして、最後は文明批判的哲学に発展していく。
 パテルのアニメーションの魅力は、技法のユニークさとメタモルフォーゼ(変身、変型)の面白さにある。5分30秒の作品をほとんどカットを割らず、一人の手で、1年半以上掛けて完成さている。
■NFBのサイトで全編観れます。» ビーズゲーム
■DVD NFB傑作選 イシュ・パテル、キャロライン・リーフ、ジャック・ドゥルーアン作品集[Amazon]
関連記事
  1. 2005/06/25(土) 10:47:27|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/18-6fc949ed
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ