知られざるアニメーション ディナー・フォー・トゥ

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

03月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 05月の記事を見る

ディナー・フォー・トゥ

Dinner for Two 1996


 2匹のカメレオンが、一匹のムシを巡って闘争をはじめると、ジャングルの平和は少しずつ乱される。その争いの行き着く先は...? 色鉛筆のドローイング・スタイルでコンスタントに良作を制作し続けている女性監督ジャネット・パールマン(Janet Perlman)がNFBで制作した「ディナー・フォー・トゥ」は、同居人でもあり、「ある一日のはじまり」など多くのカナダ作品の音楽を手がける音楽家ジュディス・グルーバー=ステッツァー(Judith Gruber-Stitzer、彼女は「ある一日のはじまり」のブタさんのベースになった実写で演技もしている)による小粋なジャズ音楽と脇役のカエルのキャラクターのとぼけた演技で、説教臭くさりそうなテーマを心温まる作品に仕上げている。色彩も目に心地よく美しい。この作品は十年前私が初めて国際審査員をソウルで務めた時、グランプリに選んだ作品で個人的に思い出深い。
■作品解説(Video Clips)[NFB]
関連記事
  1. 2006/04/27(木) 08:35:58|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/197-8dc38507
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ