知られざるアニメーション 09/03のツイートまとめ

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

10月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 12月の記事を見る

09/03のツイートまとめ

Koji_Yamamura

RT @africadeus: →あと「パラード」もすごく楽しかった。ミッキーマウシング的な表現はもともとすごく好物だけど、音楽とキャラクターのアクションが同化しているというより、登場しているキャラクターが楽器であるかのような錯覚に陥った。「パラード」は可視化するとこうなるのか…
09-03 18:36

RT @africadeus: ようやく観れた『山村浩二 右目と左目で見る夢』。個人的には「古事記 日向篇」がすごく面白かった。"後ろ手に釣り針を返す呪詛"などの奇妙なエピソードが上野耕路の音楽と相まって、こんなに古事記って面白かったのか!と思わせる。あと海佐知の泣き姿がただ可…
09-03 18:36

RT @takeshi_uc: 山村浩二さんの「右目と左目でみる夢」観てきた。音楽の解釈で光る映像。塗りが動く生命体としてのアニメーション。
09-03 17:53

RT @n0mn0l: 『山村浩二 右目と左目でみる夢』だん。中村一義のジュビリーのビデオで知って以来大好きな作家さんの短編アニメ盛り合わせ。観ていると自分の目がキラキラしてくるのが分かる。古事記面白かったなぁ。もっとください!
09-03 17:53

RT @jun_141: 山村浩二『右目と左目でみる夢』観てきた。久しぶりに山村アニメーション観られて、二ヒヒ(^m^) って感じ。楽しかった。サティ、これが動いてると高橋幸宏さんだった(^m^) https://t.co/LbPSNTQlGA
09-03 17:53

RT @kuraqula: 「山村浩二 右目と左目で見る夢」サティのパラード目当てだったが、プロジェクションマッピング用だったという「鐘音色彩幻想」が一番気に入った。音楽を可視化するってこういうことかと。他の作品も音楽とのマッチングがよくて、音楽の素養のある人なんだなと。
09-03 17:53

RT @kuraqula: 「山村浩二 右目と左目で見る夢」見た。短編アニメーション9編。最新作「サティの「パラード」」はサティの文章に出てくるピカソやコクトーだけでなく、ミロやモンドリアンやマティスらの作品ぽいモチーフが散りばめられとても楽しい。当時のアメリカといえばやはり映…
09-03 17:53

RT @hyabuzuka: あと古事記もすごく良かったというか、古事記とかとっつきにくくて読んでみようとしてもなかなか頭に入ってこないんですけど、それがわかりやすく語られてて見入ってしまった。何回もじっくり観たい作品。あと、古事記の別のパートとかも観てみたくなってしまう。
09-03 17:52

RT @hyabuzuka: 先日ユーロスペースで山村浩二の作品集を観たんですけど、怪物学抄がとてもよかった。もっとずーっと観ていたくなる感じ。 https://t.co/oPll2QQZMm
09-03 11:29

RT @naga_nao: 秋風そよぐ名古屋、おはようございます。名古屋シネマテーク、『人生フルーツ』再々々アンコール(混雑必至!)「東海テレビドキュメンタリーの世界」『十年』「右目と左目でみる夢」(本日は山村浩二監督ご来館!)、いずれも絶賛続映中! https://t.co/
09-03 08:49


妖怪一家のハロウィン (妖怪一家九十九さん) 単行本富安陽子・作, 山村浩二・絵, 理論社 (2017/9/1)https://t.co/1X3bBFpBrU
09-03 00:09

関連記事
  1. 2017/09/04(月) 04:07:36|
  2. etc.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/2134-44a90357
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ