知られざるアニメーション 時間論

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

05月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07月の記事を見る

時間論

 万物は流転する。僕が常に考えてしまう事のひとつに、職業柄もあるが、「時間」についてだ。時々「時間」についての哲学書や科学書など読んでみるが、確かな答えはない。
 最近読んだ本で、現代物理学の視点から時間について考察した橋元淳一郎著「時間はどこで生まれるのか」によると、量子、ミクロの世界では、「時間は存在しない」事は現代物理学では真実の様だ。反粒子は時間を逆行すらするという??
 欲をいえば、もっと詳しい現代物理学の解説がほしかったが、それだと逆に自分には理解不可能なので、さらっと興味深い「時間」についての話題を読めるという点で面白い本だった。またこの本に簡単に紹介されていた、哲学者マクダガートの時間論が興味深かった。

マクダガートは、時間を3つの系列に分類した。

A系列の時間:常に「現在」という視点に依存する時間。
B系列の時間:座標軸に過去から未来に向かって順番に並んでいる時間。
C系列の時間:時間的な順序関係のない配列。

そして、マクダガートが、哲学的に導いた結論は、

「A系列の時間も、B系列の時間も実在しない。しかしC系列の時間は実存する可能性がある。」

つまり僕たちが通常「時間」と感じているものは、実存しない、ということか。

 そしてこの話で、個人的に興味深かったのは、マクダガートのC系列の時間とは、正にアニメーションの事ではないかと思った事だ。アニメーションの1枚1枚の動画は、ただの配列で、そこには時間は実存しない。「アニメーション」というシステムにのせ、作者が順列をつけ、映写して、はじめて「時間が実存している」様に感じる。 
「時間はどこで生まれるのか」の結論でも、マクロな世界での「時間」は、主観的なもので、人によって「創造」された、となっている。
 さて、過去や未来も人がただ「創造」した物だと考えると少し気が楽になる。

時間はどこで生まれるのか[Amazon]
関連記事
  1. 2007/04/10(火) 13:48:03|
  2. アニメーションについて
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/317-b2acaeca
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ