知られざるアニメーション プリート・パルン

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

02月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 03月の記事を見る

プリート・パルン

Priit_Parn.gif

Eesti Joonisfilm所属、エストニアのアニメーション界のビッグ.ボス。その作品は、ありとあらゆる主要なアニメーション映画祭で受賞をしている。フィンランドやスイス、ノルウエーのアニメーション・スクールで先生もされていて、グラフィック・アーティストとしてもそのエッチング、銅版画作品は世界中で売られ、展覧会も行われている。
 エストニアのアクション映画の中で、スタントマンとしてクレジットされたことも。国家発行の新聞で、パルン作の政治風刺漫画が共産党指導者らをこきおろした時には、国家的英雄さながらの扱いを受けた。独自のグラフィックスタイルとナンセンスで風刺的で難解なストーリーが魅力だ。
代表作:「トライアングル」「おとぎ話」「草上の昼食」「ホテルE」「1895」「ニンジンの夜」「カール・アンド・マリリン」
■AWN ギャラリー
■Acme Filmworks デモ
■ドキュメント「The Man from Animazone」データ

「タフ・アイ」アニメーション・フェスティバルの審査員の仕事のあと、エストニアに渡りパルンの自宅を訪ねた。
 サケの皮の干物を肴にビールをのみながら、自宅のサウナに入り、海岸沿いの芝が茂った庭に出ては涼む。本場のサウナは摂氏80~90度もあり、石に時々水やビールをかけると、100度ぐらいの蒸気があがり、火傷しそうなぐらい熱い。昼がだんだん長くなってきているので、午後8時頃やっと日が沈みはじめる。裸で水平線に沈んでいく夕日を眺めて、なんとも言えない開放感を味わった。
 アトリエでは沢山のドローイングや版画を見せてもらう。アニメーションもいいけど絵画もとてもいい。いつか両方日本で紹介できたらいいのに。「タフ・アイ」のポスター作画の報酬としてパルンのドローイングを一枚いただいた。

Priit_Parn.gif


関連記事
  1. 2005/06/23(木) 11:47:53|
  2. アニメーション作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/4-5e3c3235
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ