知られざるアニメーション ラバトリー・ラブストーリー

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

07月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09月の記事を見る

ラバトリー・ラブストーリー


© Melnitsa 2007
Lavatory - Lovestory / Konstantin Bronzit / 2007 / 9'15


コンスタンティン・ブロンジェットはシチュエーション・コメディーが得意な作家だ。『Switchcraft』では、一つの部屋とスイッチ、『地球の果てで』は、チャップリンの『黄金狂時代』のような、三角形の頂点に立っているシーソーのようにゆれる家、『The God』は、千手観音(?)の像とハエだけ。一度つぼにハマるとおかしさが倍増していく。絵柄や動きは、『地球の果てで』までは明らかにポール・ドイエセンの影響を感じたが、この所の作品は、非個性的といってもいいくらい特長がない。だからこの『ラバトリー・ラブストーリー』を見た時もクレジットがでるまで、彼の作品と気づかなかった。しかし、コンスタンティン作と分かって、その演出の巧みさに納得もした。個人的にはまずラブストーリーというものに全く興味がない。映画でも恋愛が主要なテーマだととたんに白けてしまう。今回は審査という目で見ていたので、個人的な趣味や好みの眼鏡ははずして見ていたせいもあり、テーマやキャラクターの好き嫌いとは別の次元で、良さが伝わった。有料式のトイレの管理人のおばさんの恋物語。日本ではなじみがないが、フランスなんかではよく映画にも見かける。ロシアでもあるのだろうか?狭いトイレの中、花束だけを小道具にして、サイレントで見せきる演出力はさすが。今の短編アニメーションに欠けている「シナリオを練る」という、映画ではあたり前の仕事をしっかりとして、あとは丁寧なアニメーションを付ければ、ここまでの仕上がりといういい見本だと思う。
関連記事
  1. 2007/12/03(月) 18:30:26|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/405-e0e5fb2a
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ