知られざるアニメーション カノン

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

02月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 03月の記事を見る

カノン

Canon 1964
音楽のカノン形式(輪唱)を見事に映像化した、ノーマン・マクラレンの知的で楽しい傑作。
NHKで放送していた「アルゴリズム体操」は、これの第三部とそっくりだと思うけど、どうなんでしょう?S氏はCMでも沢山マクラレンそのままのアイディアを使ってたけど...。
■Realplayer movie
■DVD ノーマン・マクラレン作品コレクション[Amazon]
関連記事
  1. 2005/06/24(金) 09:15:01|
  2. アニメーション作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

はじめまして。videoheadと申します。
ノーマン・マクラレンの世界、はじめて見たときの印象が強くてよく覚えています。
アメリカの学校で見させられたこともあり、なんだかすごく別世界、な感じをうけました。

彼の作品を見ていると、なんだかちょっとクレヨンを食べているような気がするんです。
懐かしいような気がするので、もしかしたら子供のときに知らずに見ていたのかもしれません。

山村さんのブログ、今回が初訪問ですがこれから楽しみに更新待っています。
なんだかこうやって直接コメントを載せられるのって、不思議です。楽しいです。
僕もvideoheadというブログやっているので、よかったら見に来てください。
先日、山村さんのDVD作品集見させていただきました(遅い。。)。
初期のころの作品が見れて、良い刺激をうけました。
制作がんばってください。

それではまた。
  1. 2005/06/24(金) 18:41:09 |
  2. videohead #-
  3. URL |
  4. [ 編集]

コメント書込み、そしてDVDを見てくれてありがとう。
マクラレンは理性的にあっけらかんとアニメーションと戯れているようで、実は何か暗い闇を抱えている作家という印象が私にはあります。研究者ではないので、詳しくは分からないのですが、そのような側面について、どこかで語られているでしょうか?
  1. 2005/06/24(金) 21:57:24 |
  2. Koji #-
  3. URL |
  4. [ 編集]

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/43-ef20a6db
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ