知られざるアニメーション Animac 08, Feb 29

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

10月の記事を見る « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 12月の記事を見る

Animac 08, Feb 29

金曜日の朝、テレビ局の取材が2件。まだここに着いて、ホテルと会場しか行っていないのに、いきなりテレビ局のスタジオでメイクされている自分の状況は変だ。ローカル局のla Mananaのトーク番組にフェスティバル・ディレクターのIsabel Herdueraさんと出演。今年のAnimacの特集番組で、30分ほどを通しで収録。
その後、ホテルのロビーでもう一件、文学とアニメーションについてのインタビュー。
ホテルでの昼食後、やっと街を少し歩いた。自分の足で歩かないと、街が把握出来ず、土地勘が働かない。



街の広場に特設されたフェスティバルの風船テント。中はバーになっている。



こうして入る。開けると風圧がかかる。



この風船の隣のテントでライブ作画中の、中国在住のスペイン人オタクアーティスト、Judas Arrietaさん。『マジンガーZ』が大好き。



彼がデザインした、風船スベリ台。これも風船テントの近くに設置されている。



そのすぐ近くにある上映会場のPRINCIPAL Theater。
午後は、3プログラムを続けて見て、目とお尻が痛くなった。

その1プログラム目、『レイ&チャールズ・イームズ特集』。
日本で発売されているDVDに収録されていない作品も沢山あったが、時差ぼけでかなりうつらうつらしながら見ていて、はっきり覚えていない。最初に上映された『Powers of Ten』は何度みても面白く完成度が高い。ミクロとマクロ、全宇宙を描く試み。

2プログラム目、『Animation Soup: Animació Independent del Japó』、関西の自主上映団体、アニメーションスープの特集上映。ヨシムラ エリさんの手回しのオルガニートというオルゴールの様な楽器の生演奏に載せて上映がはじまる。中学生がワークショップを通じて制作した『長い髪のお話』が印象に残る。ただ全体に映像の色と音のレベルの状態が悪い作品が多く(上映側も音のレベルが大きすぎる。)、大きな会場ではちょっと見づく聞き苦しかったのが残念。Animationsの和田くんの『そういう眼鏡 (Well, that glasses)』も含まれていた。観客の反応が良く、みんな集中して見ている感じがした。

3プログラム目、『Brou II』今年のベスト・オブ・ザ・ワールド。すでに何度か見ている作品も多かったが、良く出来ているものは何度みても面白い。その中からいくつか紹介する。

『Framing』<監督:Bert Gottschalk, ドイツ, 2007, 6'>
8mmのシングルフレームを都市の建物の窓、そして人々の営みに見立て、シューベルトの曲と構成した実験作品。見るのは4度目だが、見る度によくなる。また見たい。

『それを全部ほどかないで(Don't let it all unravel)』<監督:Sarah Cox, イギリス, 2007, 2'>
アル・ゴアが'07.07.07に行った世界規模のイベント『SOS』の為に制作されたアニメーション。実は僕もこの企画の依頼がきて、絵コンテを出したのだが、残念ながらコンペに落ちてしまった。この作品を見て、なるほど、うまくアニメーションならではアイディアを出してると自己反省も含め感心する。アードマンスタジオによる毛糸のアニメーション。

ラバトリー・ラブストーリー』<監督:コンスタンティン・ブロンジェット, ロシア, 2006, 9' 45''>
これも4度目ぐらいだが、何度見ても演出がうまい。うまいと嫌みになったりするが、でも見るものを引きつけるためには、やはりうまさも重要だと思わせる。

『レイモンド(Raymond)』<監督:Fabrice Le Nezet / François Roisin / Jules Janaud, Regne Unit / フランス, 2006, 5'>
CG合成とピクシレーションをうまく使った笑える作品。リプチンスキーの『タンゴ』を思いだすシーンがあり、現代の合成技術の発達を実感する。

『Battle of the Album Covers』<監督:Rohitash Rao / Abraham Spear, アメリカ, 2006, 2' 15''>
くだらなさを絵に書いたような作品だが、オタワで見てもう一度見たいと思っていた。上映のはじめが切れていたのが残念。



深夜0時、カフェでひらかれた『Los Caballos de Düsseldorf + Pika Pika 』。『PIKA PIKA』ライブの2回目。皆楽しんでいた。



Animac 08 公式サイト
関連記事
  1. 2008/03/01(土) 16:41:46|
  2. 映画祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/442-8539c6f2
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ