知られざるアニメーション こどもの城映画劇場 山村浩二作品集

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

06月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 08月の記事を見る

こどもの城映画劇場 山村浩二作品集

10haruAVeigagekijyologo.jpg

春休み特別プログラム
山村浩二作品集
2010年4月1日~5日

いくつかの作品は、珍しい16ミリ版での上映になります。みなさまのご来場お待ちしています。
こどもの城の入館料で鑑賞できます。
入館料 こども:400円 おとな:500円

こどもの城公式サイト>http://www.kodomono-shiro.jp
こどもの城春休みプログラム>http://www.kodomono-shiro.jp/info/whatsnew/129.html

Aプログラム
『どっちにする?』(1999/10分/ビデオ版)
子どもたちと山村さんとが一緒に数ヶ月間実施したワークショップ「ジュニア・ディレクターズ会議」で物語やキャラクターを作った作品です。
『カロとピヨブプト~おうち』(1993/5分/16ミリ版)
なかよしの鳥たちが協力して木の上にお家を作ります。粘土と平面の絵を組み合わせたふしぎな画面です。
『バベルの本』(1996/5分/16ミリ版)
バス停に忘れられた本を覗くと、その中には大きな図書館が。本のイメージに吸い寄せられ、大きな幻のクジラを探す冒険の旅に……。

Bプログラム
『ふしぎなエレベーター』(1991/8分/ビデオ)
止まらないエレベーターが地底に。そこに棲むふしぎな生き物たちに捕まった一羽の小鳥を少年は救おうとしますが……。
『カロとピヨブプト~サンドイッチ』(1993/5分/16ミリ版)
カロは料理が得意。一緒にピヨブプトもお手伝い。パンにいろんなものを挟んでおいしいサンドイッチを作りましょう。
『キッズキャッスル』(1995/5分/16ミリ版)
部屋の中で遊ぶ子どものイメージがアニメーションの絵でどんどん拡がっていきます。声で音を表わしたサウンド・デザインもユニークです。

Cプログラム
『遠近法の箱~博士のさがしもの~』(1990/5分/ビデオ版)
たくさんの人々、カラスの群れ、折り重なるビル、過ぎて行く時間……。町の中で博士が双眼鏡を覗いて探しているものはなんでしょう。
『カロとピヨブプト~あめのひ』(1993/5分/16ミリ版)
雨の日、空を通り過ぎていく魚の群れに驚くカロ。これは夢? さあ、お家の中で空想あそびのはじまりです。いろんな形がどんどんつながっていきます。
『キップリングjr.』(1995/14分/16ミリ版)
子犬のキップリングは、虫の楽団の後を追いかけ、見知らぬ町に来てしまいました…。人形とセルの技法を組み合わせたアニメーション。

時間
1日 11:35=なし 13:35=A 14:35=B 15:35=C
2日 11:35=A 13:35=B 14:35=C 15:35=A
3日 11:35=B 13:35=C 14:35=A 15:35=B
4日 11:35=C 13:35=A 14:35=B 15:35=C
5日 11:35=A 13:35=B 14:35=C 15:35=なし

場所:こどもの城 4F Bスタジオ
関連記事
  1. 2010/03/07(日) 21:52:31|
  2. 上映
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/680-048b3c58
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ