知られざるアニメーション ミツバチの羽音と地球の回転

知られざるアニメーション

短編アニメーション作品と作家の紹介、アニメーション映画祭情報。

04月の記事を見る « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 06月の記事を見る

ミツバチの羽音と地球の回転

bunbun_poster_14_5-thumb-200x282-905.jpg

 一昨日、鎌仲ひとみさんの新作「ミツバチの羽音と地球の回転」の試写を見に、映画美学校へお邪魔しました。鎌仲さんとは久しぶりに会えて嬉しかったです。試写会なので時間も限られ関係者も多くゆっくり出来なかったのが残念でした。鎌仲さんとは『遠近法の箱』のドキュメント『どうしてあるのかな著作権』以来の長いお付き合いですが、最近は会う機会が少なく、いつも難しいテーマに挑んで世に問うていることを尊敬の眼差しで陰ながら応援していました。
「ミツバチの羽音と地球の回転」は、「ヒバクシャ ~世界の終わりに~」「六ヶ所村ラプソディー」につづく核をテーマにしたドキュメンタリー3部作の最後ですが、3作はすべては繋がっていて、そして映画が終わっても現実へと繋がっています。

ヒバクシャ ~世界の終わりに~ [Amazon]
六ヶ所村ラプソディー [Amazon]

「ミツバチの羽音と地球の回転」は、上関原発建設に苦しむ山口県祝島の人々の生活と、脱原発を国民投票で決め、2020年までに石油にも依存しない社会づくりをめざしているスウェーデンのエネルギー問題の取り組みを描き、日本のエネルギー問題の硬直化を考えさせられます。最近もアメリカ南部のメキシコ湾で大量の原油流出事故がおこっていますが、化石燃料や核という厄介で恐ろしい物質に電気エネルギーを頼っている今の現状はあまりに危ういです。

 映画を鑑賞している間中、胸がわさわさとゆさぶられるような感動がありました。何十年も原発反対のために精神と時間をさかれて気の毒な状況に置かれている祝島の人々は、自分たちの考えに自信をもってたくましく生きている。同時に映画は、おばあちゃんたちや村で一番若い成人の孝クンたちの姿をとてもけなげに、そしてカワイく捉えていて、それと原発による湾の豊かな生態系のホットスポットの危機の問題とがシンクロして、小さな海の生き物も人も、生きとし生けるもの全ての存在が、存在することそのものに大きな価値と役割があるのだということを感じさせてくれるからだと思います。
 豊かな多様性を維持するためには「持続可能な社会」を目指す取り組みを誰もがそれぞれの責任で果たさなければいけない、と素直にポジティブに思わせてくれるのです。

公開は6月から全国順次上映とのことですが、その前にも各地でお披露目上映会が予定されていますし、ぜひ気に留めて少しでも多くの方に見ていただければと思います。

「ミツバチの羽音と地球の回転」
公式サイト:http://888earth.net/guidance.html
公式ブログ:http://888earth.net/staffblog/
関連記事
  1. 2010/05/09(日) 21:04:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿

非公開-管理者にだけコメントを届けたい場合は、チェックしてください。

トラックバック

このページへのトラックバックURLはこちら
http://yamamuraanimation.blog13.fc2.com/tb.php/693-adc42a3e
| ホーム |

Koji Yamamura



このブログは「Amazon.co.jpアソシエイト」に加入しています。
copyright © 2013 Koji Yamamura all rights reserved. Powered by FC2ブログ